ポケモン剣盾 ランクマッチにおける、初手対面での考え方、注意点を改めて振り返る

ポケモン剣盾

さて、シーズン24も中盤に差し掛かり、使いたい構築もひとまず形になったので、後はもう潜って対戦するのみ!…と意気込んだものの、3桁順位の猛者の前になすすべもなく連敗してしまい、順位・メンタル共にあっけなく破壊されてしまった。

3桁の壁が、目の前で厚く、高くそびえ立っているイメージが拭えない。

そこで、自身のプレイングを磨く上で大切な、技選択画面で見るべき点や、どういった事を考え技を選択していくのかを、もう一度振り返って、頭を整理しようと思う。

ランクマッチ初心者にも分かりやすいように、なるべく丁寧に一つひとつ紹介していくので、これから始めようとしている人にとっても有益な情報となれば幸いだ。

こちらが出せる技の確認・相手が出してくる技を予想

まずは、下の画面を見ていただきたい。

初手でよくある、双方カバルドン対面である。
恐らく攻撃してくるような型ではなく、ステロ・あくびの起点作成型だろう。
※画面には映っていないが、字面で判別いただきたい。

ちなみに、こちらが出せる技はこんな感じとなっている。

一見すると、あくび又はステルスロックを選択できる盤面であるが、それは相手も同じ事。
お互いに有利な状況を整えたいという意思が見て取れるだろう。

ここで考えるべき点は、相手の選出(つまり裏に誰がいるか)である。

相手の選出を考える

これは、+ボタンで相手の選出前の6体が確認できるので、それを見ながら仮設を立てていく。

まだお互いに1体ずつしか場に出ていない為、残りの5体は黒く表示されたままだが、カバルドンと相性のいいポケモン、若しくは強力なアタッカーが選出されているはず、と仮定して下記のような予想をしていく。

砂嵐が有利に働かない、かつこちらに電気タイプがいないため、霊獣ボルトロスはまず選出されていないだろう。
ホウオウ、ウーラオスに弱点を突かれてしまうメタグロスも、今回は役割が少ないので選出されている可能性は低い。


となると、
イベルタル…伝説ポケモン。特殊アタッカーが主流。構築の主役と見て間違いない。
マリルリ…ダイフェアリーであくびループを抜け出せる、物理アタッカー。
     カバルドンとの相性はそれなり。
ミミッキュ…クッションにもアタッカーにもなれる、器用なポケモン。出して損なし。
この3体に絞られてくる。

この時点で考える事は「相手に何をされたら負けに直結するか」という点である。

技を選択する、又は交換する

この対面では、
①こちらがあくびを打って、相手はステルスロックを選択
②両方がステルスロックを選択
③両方があくびを選択
の3択が想定されたたが、いずれにしてもすぐに負けてしまうような不利な状況にはならないと判断して、あくびを選択した。

結果、相手はステルスロックを選択していて、仮に次のターンにこちらが不利な相手に交換されたとして、まだ吹き飛ばしで対応できる、最低限の被害に収まった。

まとめ

このように、初手対面において、どのように情報を整理していけば自分の最適解が導き出されるか、という方法は理解いただけたのではないだろうか。

それにしても、たった1ターン目の状況しか説明していないのに、これだけの文字量になってしまうとは…自分でも驚きである。

自分のプレイングを俯瞰で見る、いい機会になったと思う。

これからも、気づいた事は記事にしていきながら、ランクマッチを引き続き潜っていこうと思う次第。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました