君島大空はコレを聴け! 名曲3選(+a)

楽曲レビュー

この記事では、初めて君島大空の楽曲を聴くならまずは押さえておきたい3曲を紹介します。

君島大空はシンガーソングライターとしてだけでなく、ギタリストとしてこれまで数多くのアーティストと共演しており、揺らぎのある中性的な歌声卓越した演奏技術を併せ持つ逸材です。

時に繊細かつ暴力的、時にオルタナティブかつサイケデリック、曖昧さと力強さの共存を試みたかのように偏執的な音像が最大の特徴で、先の読めないスリリングな展開はハマればクセになること間違いなし。

アルバム「映帯する煙」(2023年)では、その相反する要素が外に開かれた作品として見事に結実し、異才ぶりが音楽好きの人々から高い評価を受けたため、今後の活躍が最も期待されているアーティストの一人と言って差し支えないでしょう。

1曲目 19℃

■アルバム「映帯する煙」収録

君島大空の楽曲の中では現時点で最も音数が少なく、終始、静謐な空気が漂っています。

一聴するだけだと「チル」な楽曲に感じられるでしょうが、耳を澄ませてみると、ゆったりとした演奏に少々ピリついた緊張感とグルーヴがあるような…。

それもその筈、この曲は「合奏形態」と呼ばれるバンド編成による一発録りとのこと。

スローテンポな楽曲であったとしても一辺倒な印象だけでは終わらせない、奥行きのある音像をまずは感じ取っていただきたいです。

2曲目 都合

■アルバム「映帯する煙」収録

19℃」が「」とするならば、こちらは「」の要素が詰め込まれた、君島大空の中でも非常に聴きやすい印象の楽曲です。

こちらも「合奏形態」による一発録りで、凄まじいセッションの末に炸裂する、偶発的な化学反応を感じ取ることができるのが、リスナーとしては嬉しいところ。

全体を通して主張の強いギターリフもさることながら、一番の聴きどころはラストで、歌い終わった後にギターソロでもうひと盛り上がりあります(しかも君島大空自身が演奏)。

このご時世(長い間奏やソロパートを飛ばす風潮)に、まるでギタリストとしての矜持を示すかのような構成…君島大空の「強靭さ」が垣間見える名曲と言えるでしょう。

3曲目 No heavenly

■アルバム「映帯する煙」収録

繊細なのに身体性(確かにそこに存在する)を感じる歌声、抽象的な表現で綴る歌詞の詩性歪んだギターサウンドが先導する先の読めない展開は、彼独自の魅力を存分に堪能させてくれます。

ちなみに、2023年に行われたライブ(1月23日 KTゼップ横浜)ではこの曲の演奏後、エレキギターをステージに置き、ノイズやエフェクトを出したまま、嬉々とした表情で全ての弦を切断し(!)舞台から立ち去るということがあったそうです。

その日のパフォーマンスによほど満足したのでしょうか…痺れますね。

補足 君島大空 合奏形態 メンバー

君島 大空(G)
西田 修大(G)
新井 和輝(B)
石若 駿(D)

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました